外壁や屋根などの塗り替えを検討している人へ!塗装に関する豆知識や常識を紹介

当サイトでは、外壁や屋根などの塗り替えを検討している人におすすめの塗装に関する豆知識や常識を紹介しています。
これから建物の外壁などをリフォームしたいと考えている場合にはきっと役立つでしょう。
このサイトでは、工事をリーズナブルに行うための方法やテクニックも解説しています。
費用を抑えて施工したいときには、参考にしてみてください。

外壁や屋根などの塗り替えを検討している人へ!塗装に関する豆知識や常識を紹介

外壁や屋根の塗装をする予定だという人も多いのではないでしょうか。
直射日光や雨などに常にさらされて続けている建物の塗装は、定期的に塗り替えをする必要があります。
頻度は塗料によって異なりますが一般的には10年くらいが目安です。
塗装に使われるのはアクリルやウレタン、シリコンなど様々なタイプの塗料です。
塗料の種類により耐久性は異なっていますので、どの程度の期間もつことを期待するのかによって選ぶべき塗料は変わります。

塗装をすることで得られるメリットとは?

住宅の外壁や屋根に塗装を行うメリットは様々ですが、最も大きな恩恵は防水性と耐久性を得られることにあります。
雨漏りは天井部分だけでなく外壁からも起こり、水分や湿気が侵入することで外壁のみならず、家自体にカビや腐食のリスクが発生します。
塗装は家全体を覆う膜のような効果があるので、防水性を高め家全体を守ることで住宅寿命を長くする効果があります。
また、結露が発生しやすい住宅の場合、透湿性の高い塗料を使えば結露を防ぐことが可能です。
耐久性の向上は、塗料の種類に左右され、アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素系の順に性能が高くなります。
性能が高い塗料は値段も高いので、耐久性と費用のバランスが良いシリコンが主流です。
屋根塗装や外壁塗装のメリットとしては、ほかにも遮熱性や断熱性を高める効果があります。
断熱性が高まると外気の影響を受けにくくなるので、冷暖房の効果を高め省エネ効果も期待できます。
夏場に強い日差しで室温が上がるような住宅の場合、遮熱性が向上すれば室内の空気が暖まるのを防いでくれます。

外壁塗装をするべきタイミングは?

外壁塗装を行うことは家を長持ちさせる為に、重要なメンテナンスです。
家の外壁部分には日々の紫外線や風雨に晒されて、強い負担がかかり続けています。
強い負担によってひび割れや剥がれなどの症状が出ると内部の柱に侵食して、家全体の強度に影響を与える場合もあります。
重要なのは、早めのメンテナンスで家全体を守ることです。
家が建っている環境や外壁に使用されている塗料によって、外壁塗装をするべきタイミングは異なります。
一般的に施工の依頼を検討する目安としては、家が建てられてから約10年を目処に塗り替えを検討すると良いと言われています。
ただそれよりも前に外壁を見て触った時に粉のようなものが手に付いたり、ひび割れや剥がれの状態がある場合にはその時点で専門の会社へ調査を依頼することが大切です。
日頃から外壁の劣化の経過を定期的に観察して、気になる部分が出たら早めに塗り替えを行うことをおすすめします。
施工完了の2ヶ月から3ヶ月前位から依頼する会社選びを始めて、塗料の種類ややり方について相談してみてはどうですか。

塗装に使う塗料の種類と特徴を知ろう

塗装は塗料を使って塗ることを指しますが、実は種類が豊富でそれぞれに特徴があるのではないでしょうか。
アクリルは価格の安さに対して発色が良く、単価が抑えられるのにそれなりの耐用年数に期待できるのが魅力です。
ウレタンは塗装が適用できる範囲の広さと、価格と耐用年数のバランスの良さが強みです。
シリコンやラジカルは、単価がアップする代わりに耐用年数も大幅に伸びるのが、他の塗料との大きな違いです。
ナノテクノロジーを採用するものは、雨によって汚れが流れ落ちる低汚染機能を持ちます。
市場の製品が少ないので選択肢が限られたり、ツヤなししかないのが欠点ですが、手間なく建物を綺麗な状態に保てるのは確かです。
高純度のアクリル塗装は、フッ素と比べても遜色のない耐用年数と、外壁などヒビが入りやすい場所にも対応できる良さがあります。
つまりフッ素も高純度アクリルと同等の強みやメリットがあることを意味します。
20年かそれ以上の寿命にも期待できる無機系も出てきていますから、塗装の選択肢は増えていて、希望や予算と相談しながら選べるのではないでしょうか。

手抜きではない完璧な塗装の工程や流れ

建物を完璧に、それこそ手抜きではない塗装を実現するには、工程や流れを把握したり理解することが重要ではないでしょうか。
住宅などの塗装はまず足場の設置に始まり、次に高圧洗浄を行い汚れを洗い流していきます。
ここから養生と下塗り、中間検査という工程に進み、そこから折り返し地点を経て作業後半に入ります。
中間検査は高圧洗浄や下塗りに問題はなかったか、作業を最後まで進めても問題がないかチェックするプロセスです。
検査を省けば早く作業が進められますが、塗装が感覚頼りになってしまうので、完璧な仕上がりを求めるなら省略は避けるべきです。
後半は中塗りと上塗りが主な塗装作業となりますが、1つ1つのプロセスの間にも乾燥や簡易的なチェックが行われます。
上塗りに問題がなければ完了検査の後に足場を解体、撤収して完了となります。
近隣トラブルの回避や予定通りの工期の実現も含めて完璧を求めるなら、近所に挨拶を済ませてから工事を始めるのがベストではないでしょうか。